コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚羽蝶・鳳蝶 あげはちょう

大辞林 第三版の解説

あげはちょう【揚羽蝶・鳳蝶】

アゲハチョウ科に属するチョウの総称。アゲハ。 [季] 春。
の一種。開張8~12センチメートル。はねはやや緑がかった淡黄色で、多くの黒い筋や斑点があり、後ろばねの後端には尾状突起がある。幼虫は緑色の芋虫で、俗に「ゆずぼう」といい、カラタチ・ミカン・サンショウなどの葉を食う。日本各地で普通に見られる。アゲハ。ナミアゲハ。
あげはのちょう」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

揚羽蝶・鳳蝶の関連キーワードアゲハチョウ科ナミアゲハちょう総称緑色はね幼虫ばね開張後端芋虫斑点

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android