コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゲハ Papilio xuthus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アゲハ
Papilio xuthus

鱗翅目アゲハチョウ科。別名ナミアゲハともいう。前翅長 40~60mm。翅は黒地に黄白色の斑紋が多く,だんだら模様で,後翅の外縁内側の黒色帯の中には青紫色斑が並ぶ。また後翅には長い尾状突起がある。春型と夏型があり,前者は後者よりはるかに小さい。年数回発生する。幼虫ミカン科の植物の葉を食べ,サンショウカラタチミカンなどを好む。幼虫は4齢までは鳥糞に似た斑紋をもつが,終齢では黄緑色になる。蛹で越冬する。日本全土に最も普通にみられ,東アジアに広く分布する。キアゲハに似るが,一般に黄色部が淡色で,前翅基部が全面黒色にならず,中室基半部も黄と黒の縞模様になっているので区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アゲハ

鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科の1種。ナミアゲハともいう。開張春型80mm内外,夏型120mm内外,黄色の地に黒斑がある。幼虫はカラタチ,ミカン,サンショウなどの葉を食べ,蛹(さなぎ)で越冬,成虫は3〜10月に3〜6回発生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアゲハの言及

【アゲハチョウ(揚羽蝶)】より

…鱗翅目アゲハチョウ科の昆虫(イラスト)。アゲハ,ナミアゲハともいい,昔はアゲハノチョウともいった。…

※「アゲハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アゲハの関連キーワードトリバネアゲハ(鳥羽揚羽)コノハチョウ(木の葉蝶)トリバネチョウ(鳥羽蝶)アゲハモドキ(擬鳳蝶)アゲハチョウ(揚羽蝶)アポロウスバシロチョウウスバシロチョウアオスジアゲハナガサキアゲハトリバネチョウトリバネアゲハウスバキチョウジャコウアゲハモンシロチョウアケボノアゲハアゲハヒメバチマダラヒメバチアゲハモドキコガネコバチ揚羽蝶・鳳蝶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アゲハの関連情報