コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚羽蝶/鳳蝶 アゲハチョウ

デジタル大辞泉の解説

あげは‐ちょう〔‐テフ〕【揚羽×蝶/鳳蝶】

アゲハチョウ科のチョウ。翅(はね)の開張8~12センチ、黄色に黒色のすじや斑点がある。幼虫はミカンサンショウなどの葉を食べ、柚子坊(ゆずぼう)とよばれる。なみあげは。
鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科のチョウの総称。大形で、多くは後ろ翅に長い突起がある。クロアゲハキアゲハアオスジアゲハなど。 夏》「我が来たる道の終りに―/耕衣」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あげはのちょう【揚羽蝶】

家紋の一。とまったアゲハチョウを側面から描いた形のもの。あげはちょう。
アゲハチョウをかたどった緒の結び方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

揚羽蝶 (アゲハチョウ)

動物。アゲハチョウ科の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

揚羽蝶/鳳蝶の関連キーワード中村吉右衛門アゲハチョウ文庫(服装)刺しゅう金蝶饅頭熊谷守一小川洋子揚羽蝶紋花魁草動物揚羽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android