コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚超・散超 あげちょうさんちょう

1件 の用語解説(揚超・散超の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あげちょうさんちょう【揚超・散超】

財政資金の民間との直接の受払いの帳じりを示す財政用語。〈揚超〉(引揚げ超過の略)とは,財政資金対民間収支(国庫収支)において,租税,国債等により国が民間から受け入れる額のほうが,年金,公共事業等の財政資金の民間への散布を上回る状態のことで,受け超ともいう。逆に〈散超〉(散布超過の略)とは,財政支出が民間からの受取りを上回った状態のことで,払い超ともいう。揚超・散超には季節性がある。たとえば,地方交付税,供出米代金の支払時期である,4月,5月,9月,および年度末諸払いが多額となる3月は通常散超となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の揚超・散超の言及

【国庫収支】より

…まず歳入についてみると,税収が各税目ごとの納税期,課税対象となる所得や消費などが季節的に変動するため,国庫収支の季節変動の大きな要因となっている。一方,おもだった歳出についてみると,地方交付税は3月,6月,9月,11月に普通交付税が支払われ,大幅な散超(払い超ともいう)要因となる(〈散超〉については〈揚超・散超〉の項参照)。公共事業費の支払時期は景気対策との絡みで決定される契約率にも左右されるが,年度末諸払いの3月,出納整理期間支出の4月,年末諸払いの12月に払いが増大する。…

※「揚超・散超」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

揚超・散超の関連キーワード揚超蔵米散超農業近代化資金見返り資金財政資金資金繰り受払い裏帳簿宝籤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone