国庫収支(読み)こっこしゅうし

世界大百科事典 第2版の解説

国からみて,国庫収支は次の三つに区分されている。(1)国庫対日銀収支 国が政府短期証券を発行し,それを日本銀行が保有する場合,あるいは日本銀行が国に対して納付金や法人税を納める場合である。(2)国庫内振替収支 国庫内部での各会計,政府関係機関相互の受払いであり,たとえば資金運用部が公社公庫に融資する場合である。(3)国庫対民間収支 国庫と民間すなわち国庫外との受払いである。この収支は日本銀行にある政府預金増減を通じて行われるもので,金融市場一定の影響を及ぼしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android