搔敷(読み)かいしき

世界大百科事典 第2版の解説

食物を盛るとき器に敷くもの。改敷,皆敷,飼鋪などとも書く。木の葉などに食物を盛った古代の遺風と考えられぬこともないが,料理などに景容を添えることを目的にしたと思われる。室町時代に料理の流派が成立すると,流派ごとに複雑煩瑣(はんさ)な形式がつくられた。《庖丁聞書》(室町末成立?)の〈改敷品々之事〉には,アワビには海草,スズキにはエノキの葉,生のカツオにはニワトコアユにはフジの葉,ガンには水草,ツルにはアシの葉などといった組合せが記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android