コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搔敷 かいしき

1件 の用語解説(搔敷の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいしき【搔敷】

食物を盛るとき器に敷くもの。改敷,皆敷,飼鋪などとも書く。木の葉などに食物を盛った古代の遺風と考えられぬこともないが,料理などに景容を添えることを目的にしたと思われる。室町時代料理の流派が成立すると,流派ごとに複雑煩瑣(はんさ)な形式がつくられた。《庖丁聞書》(室町末成立?)の〈改敷品々之事〉には,アワビには海草,スズキにはエノキの葉,生のカツオにはニワトコ,アユにはフジの葉,ガンには水草,ツルにはアシの葉などといった組合せが記されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone