コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

搭乗者傷害保険 トウジョウシャショウガイホケン

デジタル大辞泉の解説

とうじょうしゃしょうがい‐ほけん〔タフジヨウシヤシヤウガイ‐〕【搭乗者傷害保険】

被保険自動車に搭乗していた者が、自動車事故によって死亡、けが後遺障害を被った場合に保険金が支払われる自動車保険。運転者が死傷した場合にも補償される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

保険基礎用語集の解説

搭乗者傷害保険

被保険自動車の正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の者が、被保険自動車の運行に起因する急激かつ偶然な外来の事故等により死傷した場合に保険金を支払う保険を指します。座席ベルトを装着中に死亡した者に対しては、座席ベルト装着者特別保険金が上乗せして支払われます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

搭乗者傷害保険の関連キーワード部位・症状別払(搭乗者傷害保険)自動車運転者損害賠償責任保険日数払(搭乗者傷害保険)形成手術費用担保特約ファミリーバイク特約自家用自動車総合保険運転者家族限定特約家事代行費用保険金ノーカウント事故一般の自動車保険自家用自動車保険医療保険金特約自動車総合保険エアバッグ割引被保険自動車航空保険PAPSAPBAP

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android