摩利支天塚古墳(読み)まりしてんづかこふん

国指定史跡ガイドの解説

まりしてんづかこふん【摩利支天塚古墳】


栃木県小山(おやま)市飯塚にある前方後円墳。県南部の平野地帯は、大古墳や国分寺などがある下野国の中心的地域で、この古墳はこの地域の最も南に位置している。琵琶塚古墳の南方100mの近さにあり、両者は同形同大で、その主軸の方向も同じである点など、密接な関連をもつと推定される。古墳は全長約120m、後円部の直径約70m、高さ10m、前方部の幅約70m、高さ6mで、墳丘の東側から北側にかけて、幅約25mの空濠が確認された。後円部頂上に摩利支天を祀る社殿がつくられ、それにいたる参道・石段によって若干の改変が加えられているが、この地域における典型的な中期古墳である。1978年(昭和53)に国の史跡に指定、2002年(平成14)に追加指定された。小山市立博物館に関係資料が展示されている。JR東北新幹線ほか小山駅から車で約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android