コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撫箏雅譜大成抄 ぶそうがふたいせいしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

撫箏雅譜大成抄
ぶそうがふたいせいしょう

箏曲の文献。江戸の読本作者でもあった蘭山高井伴寛 (1762~1838) の著。2冊。文化9 (12) 年刊。京都の安村検校の伝承による箏組歌本である宝暦5 (1755) 年刊の『撫箏雅譜集』を目標として,その増補を行い,注釈を加えたもの。『琴曲抄』以来の注記式記譜を付し,注釈の詳しい刊本としては,代表的な箏組歌文献。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android