琴曲抄(読み)きんきょくしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琴曲抄
きんきょくしょう

箏曲組歌の文献。題簽『琴曲鈔新組入』。横本2冊。元禄8 (1695) 年序 (木下順庵か) ,奥書刊記同7年。八橋検校作曲十三組と新組新曲2曲の 15曲を収録。歌詞の右に奏法を注記し,各歌のあとに簡単な歌詞の注釈を付す。京都梅村弥右衛門らが出版。宝暦 13 (1763) 年,文化6 (1809) 年に後刷再版。宝暦5 (1755) 年の安村検校校訂の『撫箏雅譜集』など,のちの組歌本の規範となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんきょくしょう【琴曲抄】

日本音楽の文献。箏組歌の歌本。横本2冊。題簽(だいせん)には《琴曲鈔》とある。八橋検校作の組歌13曲ほか2曲を収録。歌詞の右に〈かけづめ〉などの演奏法を部分的に記譜し,各歌のあとに簡単な注釈を付す(ただし,八橋の《四季曲》《扇曲》《雲井曲》には記譜がついていない)。京都梅村弥右衛門ほかにより刊行され,序文は1695年(元禄8),奥書の刊記は1694年。1763年(宝暦13),1809年(文化6)に再刊

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android