操芝居(読み)あやつりしばい

精選版 日本国語大辞典「操芝居」の解説

あやつり‐しばい ‥しばゐ【操芝居】

〘名〙 浄瑠璃の語りに合わせて、操り人形を演技させる芝居。また、その劇場人形浄瑠璃り浄瑠璃。操り狂言。操り人形芝居。あやつり。
※俳諧・西鶴大句数(1677)四「平家は大豆源氏は米を積かさね 銀元のつくあやつり芝居」
[語誌](1)室町時代には、台の上に人形を置いてなどで動かすものを「操り」「操り物」と呼んでいた。これと浄瑠璃とが結びついて成立した。慶長一五九六‐一六一五)の頃、京都に発生し、江戸に移り、のち大坂で栄えた。
(2)明治時代以降は「人形浄瑠璃」と呼ぶことが一般的となった。竹本座豊竹座から文楽座に受け継がれ、現在では文楽とも呼ばれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android