擦筆(読み)サッピツ

デジタル大辞泉の解説

水墨画で、半乾きの筆を用いてかすれを生じさせる手法。渇筆。
吸い取り紙やなめし革などを巻いてのように作ったもの。パステル画木炭画の画面をこすって、線を和らげたりぼかしたりするのに用いる。また、それによって生じるかすれの効果。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 水墨画で、岩や土坡(とは)に皴(しゅん)をほどこしてから、乾いた筆でこすり、その部分に深く暗い感じを与える手法。渇筆。枯筆。
② 吸い取り紙やなめし革を巻いて筆のようにつくったもの。それでこすって明暗の色調を出す。多くパステル画、木炭画などに用いる。〔現代日用新語辞典(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android