木炭画(読み)もくたんが(英語表記)charcoal drawing

  • もくたんが ‥グヮ
  • もくたんが〔グワ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木炭で描いた素描または下絵木炭はホオ,キリなどを蒸焼きにした黒色の柔らかい描画用の材料で,普通デッサン習練あるいは素描や下絵のために用いられる。したがって特に木炭画という分野はなく,また耐久性の関係で木炭による素描も比較的少い。特別に製造された木炭紙を用いる。 16~17世紀のイタリア画家や,マネ,ドガ,ロートレックなど 19~20世紀のフランス画家の貴重な木炭画も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木炭(英語でcharcoal、フランス語でfusain)を用いた素描の技法および作品。先史時代の人々が木の燃えさしで洞窟(どうくつ)の壁などに記号や図を書き残していることから、木炭はもっとも古い画材の一つであったと考えられる。

 素描用画材としての木炭の有用性が注目されるのはルネサンスになってからのことで、チェンニーニは壁画の下図用に有効であると述べ、バザーリは壁画用の大型原寸大下絵(カルトン)に便利としている。画材としての木炭の特質は、紙・カンバスなどの基底材への付着力が天然チョークやインキに比べて著しく弱いことで、そのため恒久的な作品には不向きだが、一方、修正がわりあい自由なため、主として下絵や習作としての素描に多用された。19世紀になると木炭画はもっぱらアカデミックな素描教育の技法となり、今日に至っている。まれにドガやマチスのような画家がこれを創作的な素描画材として好み、優れた例を残している。また、付着力の弱い木炭を基底材に定着させるフィクサティフ(とめニス)は、18世紀のパステル画の流行に伴い良質のものが開発された。今日、素描用木炭はヤナギやブドウの細枝を蒸し焼きにしてつくられ、製法は比較的容易である。

[八重樫春樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 木炭②で描いたデッサン、スケッチなどのこと。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉六「スチューヂオには目醒しい木炭画(モクタングヮ)が十種程載ってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木炭画の関連情報