コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬円筒図法 ぎえんとうずほうpseudo-cylindrical projection

1件 の用語解説(擬円筒図法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擬円筒図法
ぎえんとうずほう
pseudo-cylindrical projection

地図投影法の一つで,円筒図法の地図上における平行直線で示される緯線の形状はそのままにし,経線の形状を変更して平行直線から放射状直線束,または曲線群に改め,一定の条件 (たとえば正積) を満たすようにした図法。円筒図法における高緯度地方の地図投影のひずみを緩和した世界図を作成しようとして考案されたものとして,サンソン図法,グード図法,モルワイデ図法,エケルト図法などがあり,いずれも小縮尺の世界図に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone