擬円筒図法(読み)ぎえんとうずほう(英語表記)pseudo-cylindrical projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地図投影法の一つで,円筒図法地図上における平行直線で示される緯線の形状はそのままにし,経線の形状を変更して平行直線から放射状直線束,または曲線群に改め,一定の条件 (たとえば正積) を満たすようにした図法。円筒図法における高緯度地方の地図投影のひずみを緩和した世界図を作成しようとして考案されたものとして,サンソン図法,グード図法,モルワイデ図法エケルト図法などがあり,いずれも小縮尺の世界図に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android