コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬円筒図法 ぎえんとうずほうpseudo-cylindrical projection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擬円筒図法
ぎえんとうずほう
pseudo-cylindrical projection

地図投影法の一つで,円筒図法地図上における平行直線で示される緯線の形状はそのままにし,経線の形状を変更して平行直線から放射状直線束,または曲線群に改め,一定の条件 (たとえば正積) を満たすようにした図法。円筒図法における高緯度地方の地図投影のひずみを緩和した世界図を作成しようとして考案されたものとして,サンソン図法グード図法モルワイデ図法エケルト図法などがあり,いずれも小縮尺の世界図に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

擬円筒図法の関連キーワードユーモルフィック図法ホモロサイン図法放物線図法地図投影法便宜図法正積図法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android