支度・仕度(読み)したく

大辞林 第三版の解説

したく【支度・仕度】

( 名 ) スル
準備すること。用意すること。 「食事の-をする」
外出などのために服装を整えること。身支度。 「旅-」
食事をすること。 「これから精養軒で-をしようと/うづまき
あらかじめ見積もること。計算すること。 「石つくりの御子は心の-ある人にて/竹取」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐たく【支度・仕度】

〘名〙
① (━する) 計り数えること。計算すること。見積もりすること。
※続日本紀‐慶雲三年(706)閏正月戊午「自今以後、収於大蔵、而支度年、分充民部也」 〔北周書‐王悦伝〕
② (━する) あらかじめ計画を立てること。心づもり。思わく。心じたく。
※竹取(9C末‐10C初)「石つくりの御子は、心のしたくある人にて」
※宇治拾遺(1221頃)九「かの物は、そのことにつかはんと、したくしおもひける程に」
③ (━する) 予定、計画などに従って、その準備をすること。用意。
※今昔(1120頃か)二九「其の家に行て門を押せば、男支度したる事なれば、行て門を開くるままに」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「おやもう御荷物の仕度(シタク)をなすったんですか」
④ (━する) 服装をととのえること。きちんとした服装に改めること。身じたく。
※太平記(14C後)五「人に被見知じと被思食ける御支度(シタク)に、御還俗の体に成せ給ければ」
※狐の裁判(1884)〈井上勤訳〉三「旅の装束(シタク)を整へ」
⑤ (━する) 食事をすること。
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)上「平でも壺でも此方したくよふござると立あがる」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「万年屋にて支度(シタク)せんと、腰をかける」
⑥ 嫁入りのために整える道具類など。嫁入り道具。また、支度金。
※雑俳・口よせ草(1736)「仲人はかぶれる程の支度見せ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android