支配所(読み)しはいじょ

精選版 日本国語大辞典「支配所」の解説

しはい‐じょ【支配所】

〘名〙
① 江戸時代、幕府の郡代や代官の管轄区域。
※政談(1727頃)一「此方知行所又は支配所の者に紛れ無之と申すこと計にて相済べし」
② 管領する土地。
※醍醐寺文書‐(年未詳)(江戸)八月六日僧典海訴状案「いか様之子細証拠等有之候而、其許之支配所と被申候や承度存候由」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android