コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

攻(め)掛ける セメカケル

デジタル大辞泉の解説

せめ‐か・ける【攻(め)掛ける】

[動カ下一][文]せめか・く[カ下二]
敵に向かって攻撃を加える。「夜陰に乗じて―・ける」
大勢の人が押し寄せる。つめかける。「次から次へと報道陣が―・けてくる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

攻(め)掛けるの関連キーワード夜陰

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android