コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射温度 ほうしゃおんどradiation temperature

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃおんど【放射温度 radiation temperature】

放射(輻射(ふくしや))エネルギーを全波長域で加えた総量,または各波長での放射エネルギーの分布から,プランクの放射則などを使ってきめた恒星など放射体の温度をいう。有効温度effective temperature,輝度温度brightness temperature,色温度color temperatureなどがある。天文学では有効温度のほか恒星の光の可視域での分布からきめた色温度,電波源の電波の強さを温度で表す輝度温度などが用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

放射温度の関連キーワード3K宇宙背景放射温度ゆらぎサーモグラフィ非接触温度計国家計量標準表面温度計放射温度計光電温度計室内気候プランクセンサー高温計放射計温度計

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android