コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射温度 ほうしゃおんど radiation temperature

1件 の用語解説(放射温度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃおんど【放射温度 radiation temperature】

放射(輻射(ふくしや))エネルギーを全波長域で加えた総量,または各波長での放射エネルギーの分布から,プランクの放射則などを使ってきめた恒星など放射体の温度をいう。有効温度effective temperature,輝度温度brightness temperature,色温度color temperatureなどがある。天文学では有効温度のほか恒星の光の可視域での分布からきめた色温度,電波源の電波の強さを温度で表す輝度温度などが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

放射温度の関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝核エネルギー熱エネルギー二次エネルギー輻射エネルギー質量輻射輻射等級エネルギー学吸収エネルギー

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放射温度の関連情報