コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放課後子ども教室 ホウカゴコドモキョウシツ

デジタル大辞泉の解説

ほうかご‐こどもきょうしつ〔ハウクワゴこどもケウシツ〕【放課後子ども教室】

放課後や週末に子供たちの居場所をつくるため、校庭や教室を開放し、地域住民の協力によってスポーツや文化活動ができるようにする取り組み。文部科学省が主導。
[補説]厚生労働省が行う放課後児童クラブ(学童保育)は共働きなどで親が日中留守にする家庭のおおむね10歳未満の児童を対象としているのに対し、放課後子ども教室は全児童を対象としている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

放課後子ども教室

文科省の補助事業。空き教室などを活用し、すべての子どもを対象に、地域の協力を得て学習やスポーツ、文化活動などを進める。厚労省の放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)とともに「放課後子どもプラン」と位置づけられ、全小学校区での実施を目指す。既に予算化した県内自治体では、場所により年間の実施予定日数が10〜247日と異なる。

(2007-07-10 朝日新聞 朝刊 千葉全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

放課後子ども教室の関連キーワード放課後児童クラブ(学童保育)と放課後子ども教室放課後児童クラブと放課後子ども教室竹原市長と教育問題厚生労働省小1の壁文科省補説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

放課後子ども教室の関連情報