コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治的なものの概念 せいじてきなもののがいねんDer Begriff des Politischen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治的なものの概念
せいじてきなもののがいねん
Der Begriff des Politischen

ドイツの公法学者 C.シュミットの代表的著作の一つ。初版 1927年。道徳においては「善=悪」が,美学においては「美=醜」が固有の標識であるように,「政治的なもの」に固有の標識は「友=敵」であるというテーゼ出発点において,敵か味方かを識別して敵を殲滅するところにこそ政治の本質があると論じる。このような立論から国家権力の絶対的優位性が導き出され,英米流の自由主義国家観は政治を討論と妥協とに解消するものとして断罪される。この非難は具体的にはワイマール共和制に向けられたものであり,その意味でこの著作は,のちのヒトラー独裁を理論的に根拠づける役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

政治的なものの概念の関連キーワードシュミット(Carl Schmitt)友敵関係

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政治的なものの概念の関連情報