立論(読み)りつろん

精選版 日本国語大辞典「立論」の解説

りつ‐ろん【立論】

議論趣旨順序を組み立てること。議を構成すること。また、その議論。りゅうろん。
※明六雑誌‐二二号(1874)知説・四〈西周〉「其立論極めて精しく其識力極めて高し」 〔漢書‐叙伝下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android