コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政略結婚 セイリャクケッコン

デジタル大辞泉の解説

せいりゃく‐けっこん【政略結婚】

結婚当事者家長または親権者が、自己や家の利益のために、当人どうしの意向を無視してさせる結婚。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいりゃくけっこん【政略結婚】

政治上の目的に利用するために、または自分の出世や利益のために、当事者の意思を無視して成立させる結婚。政略婚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の政略結婚の言及

【養子】より

…その場合実子が存在しない者が近親より養女を迎え,それに婿養子をとる方法があり,血縁の遠い養子よりも近い血統を残そうという考えに基づく。次に政略結婚などの場合,自分に適当な娘がいないとき一族の女子を養女として嫁がせる例がある。徳川家康が一族や家臣の娘を養女にして有力外様大名に嫁がせ,姻戚関係を結んだのが好例である。…

※「政略結婚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

政略結婚の関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)フェルディナンド1世[ナポリ王]プトレマイオス6世フィロメトルマルグリット・ド・バロアキャサリン[アラゴンの]プトレマイオス1世ソテルアンティオコス[2世]アンヌ・ドートリッシュランメルムーアのルチアランメルモールのルチアマリ・アントアネットサロメ(新約聖書)フアナ・ラ・ロカミトラダテス5世アメンホテプ3世イサベル(1世)ディオドトス1世ルイ(14世)宇野 清左衛門ヘンリー7世

政略結婚の関連情報