コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政策形成訴訟 せいさくけいせいそしょう

知恵蔵の解説

政策形成訴訟

現代型訴訟」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政策形成訴訟
せいさくけいせいそしょう

個別的な法的紛争を解決するという伝統的な訴訟の本質 (紛争解決機能) に加え,国の政策に対する是非を問い,新しい政策を提起・形成するという機能的特徴 (政策形成機能) を持つ訴訟。騒音薬害などに対する大規模公害訴訟,議員定数不均衡訴訟がその例である。アメリカでは,主として国の人種政策を批判・是正する目的で提起されたものが有名であるが,これらは公共訴訟または制度改革訴訟と呼ばれ,こうした訴訟では裁判所が立法命令を下すこともある。ただ,日米の司法制度の相違があるため,こうしたアメリカの現代型訴訟を司法部に法創造機能が託されていない日本にただちに持ち込むことには異論も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android