コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

救済史 きゅうさいし Heilsgeschichte; salvation history

1件 の用語解説(救済史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

救済史
きゅうさいし
Heilsgeschichte; salvation history

キリスト教神学の用語。神が人類の歴史のうちに積極的にその意志を実現し,人類の救いのために歴史の主宰者となっているとする神学的立場から,終末にいたる人類史の全体は,神による救済史としてとらえられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の救済史の言及

【契約】より

…〈新しい契約〉というのは旧約の預言者エレミヤの言葉であるが,それがキリストにおいて成就し,そしてキリスト教会はその〈新しい契約〉を聖餐式において祝う(キリストが最後の晩餐――それが聖餐式の起源――のとき〈これは,多くの人のために流すわたしの契約の血である〉と語ったことが《マルコによる福音書》14章24節にしるされており,《コリント人への第1の手紙》11章25節には〈この杯は,わたしの血による新しい契約である〉としるされている)。 契約の思想は,神と人間との関係に人格的倫理的質を与えただけでなく,〈古い契約〉と〈新しい契約〉という歴史的視野を与え,いわゆる〈救済史Heilsgeschichte〉という世界史的展望をもつ神学思想を生み出した。古代キリスト教世界ではエイレナイオスが救済史神学を樹立し,近代においては17世紀イギリスおよびアメリカのピューリタンたちや,ヨーロッパ大陸の改革派の神学者コッツェーユスJohannes Coccejus(1603‐69)が〈契約神学〉によって契約概念を新しく展開した。…

※「救済史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

救済史の関連キーワードキリストキリスト教神学キリスト教神秘主義護教論組織神学仲介者エスカトロジーキリスト教会神学の婢キリスト教徒

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

救済史の関連情報