コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教尊 きょうそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

教尊 きょうそん

?-? 室町時代の僧。
小倉宮の子。後醍醐(ごだいご)天皇5世の孫。南北朝合一後皇位継承を期待されていたが,将軍足利義教(よしのり)の猶子となり出家,真言宗勧修寺(かじゅうじ)門跡(もんぜき)となり,権(ごんの)僧正にのぼる。嘉吉(かきつ)3年(1443)禁闕(きんけつ)の変への関与をうたがわれ,隠岐(おき)(島根県)に流された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

教尊の関連キーワード日本的キリスト教東南アジア美術パハールプルナーランダー藤音 得忍室町時代黄老思想中国思想武内義雄物部守屋藤音得忍小倉宮仏画仏像

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android