コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教父文学 きょうふぶんがくpatristic literature

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教父文学
きょうふぶんがく
patristic literature

1世紀から8世紀までの教父たちの諸著作の総称。倫理,教訓,啓蒙,神学など多方面にわたり,初期キリスト教の確立と説明に多大な貢献をした教父原典は,19世紀の J.-P.ミーニュの『教父学全集-ギリシア教父の部 (161巻) ,ラテン教父の部 (221巻) 』のほか,種々の叢書となっている (→教父学 ) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

教父文学の関連キーワードビザンティン文学エラスムス福音主義

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android