コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教皇保障法 きょうこうほしょうほうLegge delle Guarentigie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

教皇保障法
きょうこうほしょうほう
Legge delle Guarentigie

イタリア国家と教皇庁の関係を規定した法律。イタリア王国が 1870年ローマを併合して国家統一を完成したのち,71年5月に教皇保障法を制定した。法律は教皇の地位と宗教活動に保障を与えたものの,世俗的権利を否定してバチカンとラテラノ両宮殿を除く旧支配地を没収したため,教皇はこの法を認めず,「ローマ問題」と呼ばれる国家と教会の対立を生み出した。この対立は 1929年のラテラノ条約によって和解に達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

教皇保障法の関連キーワードバチカン市国

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android