コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育バウチャー制度 キョウイクバウチャーセイド

デジタル大辞泉の解説

きょういく‐バウチャーせいど〔ケウイク‐〕【教育バウチャー制度】

《「バウチャー」は引換券・割引券の意》学齢に達した子供の教育費として利用できる引換券を交付する制度。保護者と子供とで希望の学校を選び、引換券を提出、学校は集まった引換券に応じた補助金を受け取る。教育バウチャー。→バウチャー制度
[補説]米国の経済学者が、学校に競争原理を取り入れ、学校格差・教育格差をなくそうという意図から提唱した。英国、米国の一部で実施されている。日本では安倍首相が導入を図ったが辞任で立ち消えとなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例