(読み)ケイ

デジタル大辞泉「敬」の解説

けい【敬】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) キョウ(キャウ)(呉) [訓]うやまう つつしむ
学習漢字]6年
ケイ〉身を引き締めてうやうやしくする。うやまう。「敬意敬遠敬虔(けいけん)敬語敬服敬礼敬老畏敬失敬崇敬尊敬表敬不敬
〈キョウ〉
うやまう。「敬礼(きょうらい)
かわいい。「愛敬(あいきょう・あいぎょう)
[名のり]あき・あつ・いつ・うや・かた・さとし・たか・たかし・とし・のり・はや・ひろ・ひろし・ゆき・よし

けい【敬】

他人をうやまうこと。謹んで物事を行うこと。「の本なり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「敬」の解説

うや‐ま・う ‥まふ【敬】

〘他ワ五(ハ四)〙 相手を尊んで礼をつくす。つつしんで対する。尊敬する。いやまう。
足石歌(753頃)「釈迦の御足跡(みあと)(いは)に写し置き 宇夜麻比(ウヤマヒ)て後の仏に譲りまつらむ捧げまうさむ」
[補注]「うや」「ゐや」は、礼儀を表わす名詞であるが、それぞれには、「うやぶ」「うやまふ」「ゐやぶ」「ゐやまふ」のような動詞形と、「うやうやし」「ゐやゐやし」のような形容詞形があった。

けい【敬】

〘名〙 物事をおろそかにしないで、つつしんで行なうこと。人をうやまって、行動をつつしむこと。→敬する
※浮世草子・近代艷隠者(1686)五「敬を主宰してかた脇に座すれば、はや御経も終りて」 〔書経‐伊訓〕

けい‐・する【敬】

〘他サ変〙 けい・す 〘他サ変〙 うやまう。尊敬する。〔文明本節用集(室町中)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「この他のは阿波国又薩摩の封内にあり。並にその国君亦よくこれを敬(ケイ)したまへり」

うや‐まい ‥まひ【敬】

〘名〙 (動詞「うやまう(敬)」の連用形の名詞化) うやまうこと。尊敬。
今昔(1120頃か)一七「地蔵は白地に敬ひの心をせる人そら不弃給ざる事既如此し」

けい‐・す【敬】

〘他サ変〙 ⇒けいする(敬)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「敬」の解説

けい【敬 jìng】

中国,朱子学の修養法。居敬持敬主敬などともいう。敬とは本来,天,神々,君,父母などに対する敬虔でうやうやしい気持,ないしは態度をいうが,朱熹(子)はこれを自己の自己に対する心のあり方に転化させ,自己変革の修養法として確立した。このような敬は,朱熹以前にすでに北宋の道学者によって提唱され,次のような定義が与えられている。程頤(ていい)(伊川)の〈主一無適〉(心を一点に集中させどこへも逸(そ)れてゆかぬようにさせること)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android