コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ

デジタル大辞泉の解説

けい【敬】

他人をうやまうこと。謹んで物事を行うこと。「は礼の本なり」

けい【敬】[漢字項目]

[音]ケイ(漢) キョウ(キャウ)(呉) [訓]うやまう つつしむ
学習漢字]6年
〈ケイ〉身を引き締めてうやうやしくする。うやまう。「敬意敬遠敬虔(けいけん)敬語敬服敬礼敬老畏敬失敬崇敬尊敬表敬不敬
〈キョウ〉
うやまう。「敬礼(きょうらい)
かわいい。「愛敬(あいきょう・あいぎょう)
[名のり]あき・あつ・いつ・うや・かた・さとし・たか・たかし・とし・のり・はや・ひろ・ひろし・ゆき・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けい【敬 jìng】

中国,朱子学の修養法。居敬,持敬,主敬などともいう。敬とは本来,天,神々,君,父母などに対する敬虔でうやうやしい気持,ないしは態度をいうが,朱熹(子)はこれを自己の自己に対する心のあり方に転化させ,自己変革の修養法として確立した。このような敬は,朱熹以前にすでに北宋道学者によって提唱され,次のような定義が与えられている。程頤(ていい)(伊川)の〈主一無適〉(心を一点に集中させどこへも逸(そ)れてゆかぬようにさせること)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

敬の関連キーワード沈惟敬(ちんいけい)原敬(はらさとし)愛知県刈谷市小山町原敬(はらけい)三重県松阪市新町風忍キャプター6千葉県野田市中戸敏感歯亡び舌存す高祖(後晋)羽田野栄木地方凡例録万屋兵四郎本居春庭墓立正佼成会田中弥兵衛原 奎一郎前田 蓮山居敬窮理玉井敬泉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敬の関連情報