コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数理気候 すうりきこうmathematical climate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数理気候
すうりきこう
mathematical climate

海陸分布や大気の運動を考えない仮想的な地球上に,太陽と地球との関係のみで生じると考えられる気候の状態。最も単純に回帰線,極圏(→南極圏北極圏)を境として寒帯温帯熱帯と分けられる。天文学的位置による太陽からの放射によって決定されることから,天文気候または太陽気候と呼ばれることもある。数理気候に対して現実の地球の気候を,物理気候と呼ぶこともある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

数理気候の関連キーワード海陸分布熱帯気候気候帯

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android