コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回帰線 かいきせん

8件 の用語解説(回帰線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回帰線
かいきせん

2個の変量 xyn 組の観測データ ( x1y1 ) ,…,( xnyn ) を基にして,xy の連関を分析するために,それらに対してあてはめる直線 ( y=βx+α などの 1 次式) ,あるいは曲線 (多項式指数関数など) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

回帰線
かいきせん
tropic

地球上の,北緯 23°27′の緯線を北回帰線,南緯 23°27′の緯線を南回帰線といい,これが地理学上の熱帯の両縁にあたる。これは,黄道赤道との傾きに等しく,太陽の天球上の運動は,夏至で北,冬至で南の回帰線に触れる大円を描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいき‐せん〔クワイキ‐〕【回帰線】

地球上の北緯23度26分と南緯23度26分の緯線。それぞれ北回帰線・南回帰線という。太陽は、夏至のときに北回帰線の真上に、冬至のときに南回帰線の真上にくる。両回帰線の間の地域が熱帯にあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

回帰線【かいきせん】

地球表面上で南緯23°27′あるいは北緯23°27′の各地点を連ねる線。それぞれ南回帰線(冬至(とうじ)に太陽を天頂に見る),北回帰線(夏至(げし)に太陽を天頂に見る)という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

回帰線

 回帰方程式ともいう.二つの因子に相関関係がある場合,それぞれの因子をx軸,y軸にして相関図を作り,xyの間の関係を示す式(回帰方程式)とデータの値の差の二乗の総和が最小になるような関数を図中に示したもの.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かいきせん【回帰線 tropic】

地球の北緯および南緯23゜27′に設けられた線。地球の自転軸は,公転面に立てた垂線に対して23度27分傾いているので,太陽光線が地表に対して垂直に当たる部分は,地球の公転とともに1年の周期で変化する。春分のときは赤道部分であり,時間の経過とともに北側に移動し夏至のとき北の回帰線(北回帰線)上にくる。夏至を過ぎると南に戻り,秋分で赤道上に,さらに冬至には南の回帰線(南回帰線)上に至る。そして次の春分には再び赤道上に戻る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいきせん【回帰線】

地球上で、夏至または冬至に太陽の真下となる地点を連ねた線。すなわち、南北の23度27分の緯線。北半球のものを北回帰線、南半球のものを南回帰線という。 〔ラテン語 Tropici の訳語。「二儀略説」(一七世紀後半)にある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回帰線
かいきせん

地球の北緯および南緯約23度26分の等緯度線のこと。それぞれ北回帰線、南回帰線という。また地球から見て太陽が夏至のころにかに座に入り、冬至のころにやぎ座に入るので、それぞれ夏至線、冬至線、あるいは、かに座の回帰線、やぎ座の回帰線ともいう。
 地球の赤道面は地球の公転軌道面に対して約23度半傾いている(この角度=赤道傾斜角は毎年すこしずつ変わるが、回帰線を考える場合は概数を用いても誤りはない)。太陽は、春分・秋分のとき、地球の赤道上の地点の正午には、その地点の真上にくるが、夏至および冬至の正午には南北回帰線上の地点の真上にくる。このように太陽が正午に真上にくる地点は南北回帰線に挟まれた地域だけであり、これはほぼ熱帯地方にあたる。太陽が春分点から次の春分点まで戻る時間を1回帰年(または太陽年)とよぶが、この1年間に太陽は赤道―北回帰線―赤道―南回帰線―赤道の順に動き、このことから回帰線の名が生まれた。[若生康二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

回帰線の関連キーワード緯度中緯度高圧帯議官子午面地動南緯北緯地球の呼び声ラヴ係数裏小段

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回帰線の関連情報