コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化特性 ぶんかとくせいculture trait

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化特性
ぶんかとくせい
culture trait

文化複合体を構成する最小,かつ理論的に設定された要素。文化要素ともいうが,文化要素の概念に比べて,より物質的,技術的である。民族調査の項目ともなり,分布の規準にも用いられる。 1920年代に C.ウィスラーらの文化人類学者によって方法論的概念として使用されはじめた。文化特性の摘出とその実態調査は,諸民族の文化の比較研究や相対的把握あるいは地域的・分布的特色の理解に役立ったが,同じ特性として記されたものの質的相違の理解や,特性複合内の要素関係およびその統合形態の理解には十分であったとはいえない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文化特性の関連情報