コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文字法 もじほうwriting

翻訳|writing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文字法
もじほう
writing

社会的に一定の意味をもつと認められた視覚的記号による人間相互のコミュニケーションの体系をいう。古来,刻み目を入れた数え棒や,長さや色の異なる縄の結び目によって数字を表記した結縄文字などが用いられた。しかし記号体系としての発展は,言葉を記号化した文字の登場を待たねばならなかった。文字は,絵を図形化した絵文字など描写的なものから,次第に特定の記号が特定の事物・事象に対応するようになり,さらに言葉の音を表記する音価をもった記号へと発展,話し言葉を正確に表示し伝達する方法・体系として確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

文字法の関連キーワード楔形文字(くさびがたもじ)ポール コーシャカーダゲスタン諸言語ハンムラピ法典シャンポリオンウルナンム法典ヒッタイト法書ハムラビ法典コーシャカーシュメール語アッシリア原田 慶吉バビロニア楔形文字法契約の書楔形文字原田慶吉古代法

文字法の関連情報