結縄文字(読み)けつじょうもじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数字や歴史的な事件の記録などを,縄や皮紐を結び,その数や間隔によって表わした表現手段。古代ペルーではキープと呼ばれ,インカ帝国の時代には納税事務をはじめ法律や布告伝達などに用いられた。太古の中国でも「結縄」としてその存在が知られており,沖縄にもワラザン,ヤーキザン,バラザンなどと呼ばれる結縄文字が記標文字とともに存在した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

※大増補改訂や、此は便利だ(1936)〈下中彌三郎〉「けつじょうもじ 結縄文字 古代支那又は、アメリカ、アフリカ等の土人間に行はるる原始的文字」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android