コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児女英雄伝 じじょえいゆうでんEr-nu-yingxiong-zhuan

5件 の用語解説(児女英雄伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

児女英雄伝
じじょえいゆうでん
Er-nu-yingxiong-zhuan

中国,清の口語章回小説文康の作。 40回。道光年間 (1821~50) 成立。何玉鳳という才色すぐれ,武芸抜群の女性が,父の仇を討つために女侠となって活躍し,のち命を救った安公子と結婚するのが大筋。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

児女英雄伝【じじょえいゆうでん】

中国の白話長編小説。清の文康の作。1878年北京の聚珍堂刊。全40回。何玉鳳という娘が十三妹(シーサンメイ)と名を変えて,父の仇討(あだうち)をするという物語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じじょえいゆうでん【児女英雄伝 Ér nǚ yīng xióng zhuàn】

中国,清代の白話長編小説。全40回。作者は満人の文康。道光年間(1821‐50)の作。美しい女俠の何玉鳳と女々しい貴公子の安竜媒との物語で,何玉鳳が十三妹(シーサンメイ)と名のって父の仇をうつべく多くの悪人とわたりあう場面が,評話(講談)から発展したこの小説の見どころ。最後に二人は結ばれ,それぞれ女らしく男らしくなって大団円となるが,題名の寓意もそこにある。【中野 美代子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じじょえいゆうでん【児女英雄伝】

中国、清代の白話体章回小説。文康作。四一回。1878年刊。俠女十三妹の活躍を描く。北京語で書かれる。別名「金玉縁」「日下親書」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

児女英雄伝
じじょえいゆうでん

中国、清(しん)代の口語長編小説。全40回。道光年間(1821~50)、満州旗人(きじん)の費莫文康(ひばくぶんこう)が『紅楼夢(こうろうむ)』に対抗して執筆したもので、主人公安公子が罪に陥れられた父の救出のために旅に出て、強盗に危うく命をとられそうになったところを侠女(きょうじょ)十三妹(シイサンメイ)(実は何玉鳳(かぎょくほう))に助けられ、のちに公子は父を救出して、自分とともに十三妹に助けられた張金鳳(ちょうきんぽう)と何玉鳳の2人を妻とし、父母に孝養を尽くし、科挙に合格して立身出世する筋で、思想的にも技巧的にも陳腐な作となっている。ただ作者の善意が全編にあふれ、純粋な北京(ペキン)語の軽妙でユーモラスな叙述によって、特異な侠義小説となっている。武田泰淳(たいじゅん)の『十三妹』はこの小説に基づく。[藤田祐賢]
『立間祥介訳『中国古典文学大系47 児女英雄伝』(1971・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児女英雄伝の関連情報