コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文昌神 ぶんしょうしんWén chāng shén

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんしょうしん【文昌神 Wén chāng shén】

旧中国において,知識人のあいだで信仰された学問科挙の神。文昌帝君とも呼ばれた。文昌は北斗七星の第4星の名で,文曲ともいう。北斗星は消災解厄,保命延生をつかさどるとして古くから信仰されてきたが,南宋時代になるととくに文昌は学問・科挙の神として学校にまつられるようになった。これとは別に,六朝のころから,晋の張悪子が戦死してまつられたといわれる梓潼神(しどうしん)信仰が行われ,宋代には福禄名籍をつかさどる神として,科挙の受験者に信仰された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報