斉藤俊彦(読み)さいとう としひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斉藤俊彦 さいとう-としひこ

1888-1966 大正-昭和時代の政治家。
明治21年12月19日生まれ。大正5年生地の富山県作道(つくりみち)村(新湊市)の村長となり,村内の湿田地帯にひろがった風土病のワイル病の解明につとめ撲滅に成功した。県会議員をへて新湊市長。昭和41年1月24日死去。77歳。高岡中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android