斎藤 寅次郎(読み)サイトウ トラジロウ

20世紀日本人名事典の解説

斎藤 寅次郎
サイトウ トラジロウ

昭和期の映画監督



生年
明治38(1905)年1月30日

没年
昭和57(1982)年5月1日

出生地
秋田県由利郡矢島町

本名
斎藤 寅二郎

経歴
大正12年松竹蒲田撮影所に入社。昭和12年東宝に移籍。サイレント映画から戦後の作品まで、松竹をはじめ東宝、新東宝、大映などで200本以上を手がけ、伴淳三郎出演の映画で“アジャパー”をはやらせるなどドタバタ喜劇に徹し、喜劇映画の神様ともうたわれた。斎藤映画で活躍した喜劇人は伴淳のほか花菱アチャコ、柳家金語楼堺駿二、清川虹子ら、また主な作品には「アジャパー天国」「ハワイ珍道中」「この子を捨てざれば」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤 寅次郎の関連情報