コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤兼光 さいとう ひかり

1件 の用語解説(斎藤兼光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤兼光 さいとう-ひかり

1811-1893 江戸後期-明治時代の本草家。
文化8年6月6日生まれ。文政11年幕府賄方(まかないかた)。栗本丹洲にまなぶ。江戸小石川で白い花の植物を栽培し,園に一白園と名づけた。維新後は静岡で掛川農学社の創立に尽力。明治26年3月21日死去。83歳。江戸出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤兼光の関連キーワード東京大学坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記平野五岳竹本政太夫光の科学史ウェルナー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone