コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗本丹洲 くりもと たんしゅう

1件 の用語解説(栗本丹洲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗本丹洲 くりもと-たんしゅう

1756-1834 江戸時代中期-後期の医師,本草(ほんぞう)家。
宝暦6年7月27日生まれ。田村藍水(らんすい)の次男。幕府の医官栗本昌友の養子。寛政元年奥医師となり,文政4年法印にのぼる。医学館で本草学をおしえ,また虫,魚,貝などを研究,日本で最初の昆虫図説「千虫譜」など彩色写生図集をのこした。天保(てんぽう)5年3月25日死去。79歳。江戸出身。名は昌蔵(まさよし)。通称は瑞見。別号に瑞仙院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

栗本丹洲の関連キーワード羅城石田友汀大森礼三菊堂木村又八三鍼樗雲滕元鳳原田君煕吉田子方

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone