斎藤十朗(読み)さいとう じゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤十朗 さいとう-じゅうろう

1940- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和15年2月5日生まれ。斎藤昇の次男。三井銀行(現三井住友銀行)勤務,父(厚相)の秘書をへて,昭和47年参議院議員(当選6回,自民党)。61年第3次中曾根内閣の厚相(親子2代の厚相)となる。平成7年参議院議長に就任。10年再任。12年公職選挙法改正案をめぐる議長斡旋が不調におわり辞任。16年引退。三重県出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤十朗の関連情報