三井銀行(読み)みついぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三井銀行
みついぎんこう

三井住友銀行の前身の一つ。第2次世界大戦後の財閥解体まで三井財閥の機関銀行で,三菱銀行住友銀行,安田銀行(→富士銀行),第一銀行とともに五大銀行の一つに数えられた。天和3(1683)年創業の三井両替店を基礎に,1874年為替バンク三井組開業。1876年日本最初の私立銀行である私盟会社三井銀行を設立,1893年合名会社,1909年に株式会社に改組した。1911年担保付社債信託業を兼営,1913年には外国為替業務に進出。1943年第一銀行と対等合併して帝国銀行を新設。1944年十五銀行を合併して最大の普通銀行となった。1948年第一銀行を分離して新たに帝国銀行を設立して業務を続行,1954年再び三井銀行と社名を変更。1968年東都銀行を合併。1990年太陽神戸銀行と合併して太陽神戸三井銀行となり,1992年にさくら銀行と社名を変更,2001年4月住友銀行と合併して三井住友銀行となる。三井グループの中核的存在としてその役割を果たした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三井銀行
みついぎんこう

三井系企業集団の中核的金融機関であった都市銀行の旧名称。1876年(明治9)日本最初の私立銀行として設立され、為替(かわせ)バンク三井組の業務を継承、1893年に合名会社組織に、1909年(明治42)株式会社組織に変更された。1943年(昭和18)第一銀行と合併して帝国銀行を新たに設立し、1944年には十五銀行を合併して日本最大の普通銀行となった。しかし、第二次世界大戦後の財閥解体に伴い、1948年(昭和23)旧三井・十五銀行系と旧第一銀行系とに分離、前者は帝国銀行として新発足し、1954年に三井銀行に改称した。前身は1683年(天和3)三井高利(たかとし)が創業した三井両替店で、明治維新後は新政府の金融事務を取り扱い、1874年為替バンク三井組と改称した。
 同規模の都市銀行に比して店舗数は少ないが、効率経営を行い、とくに国際業務では東京銀行(現、三菱(みつびし)UFJ銀行)に次ぐ陣容を擁して、世界的ネットワークと人材を駆使し、ワールドバンクとして伸長した。1990年(平成2)に太陽神戸銀行と合併し太陽神戸三井銀行となり、さらに1992年、さくら銀行に改称した。また、2001年(平成13)にはさくら銀行と住友銀行が合併し、三井住友銀行となった。[村本 孜]
『三井銀行八十年史編纂委員会編『三井銀行八十年史』(1998・ゆまに書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三井銀行の関連情報