コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤友実 さいとう ともざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤友実 さいとう-ともざね

?-1185 平安時代後期の武士。
越前(えちぜん)(福井県)の河合斎藤氏の一族。斎命の弟。守覚(しゅかく)法親王につかえ,仁安(にんあん)3年検非違使(けびいし)となる。のち源義仲につかえ,元暦(げんりゃく)元年(1184)源義経家人となるが,文治(ぶんじ)元年11月1日殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤友実

生年:生没年不詳
平安末期の武士。斎藤実信の子。越前斎藤一族のひとり。兄弟に斉明威儀師がいる。少年期守覚法親王に仕え,元服時には平家に仕える。その後源義仲に従い,一旦解官されるが,寿永2(1183)年8月還補。翌年の義仲没落のころには源義経の家人となり,文治1(1185)年の義経没落のときにも尽力する。義経の逃亡時には義経に同調した守覚法親王と義経の連絡役を務めたようである。

(櫻井陽子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

斎藤友実の関連キーワード文治イサキウス2世安徳天皇安徳天皇イーゴリ軍記安徳天皇佐藤継信平清宗平忠房平時子

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android