コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤時頼 サイトウトキヨリ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤時頼 さいとう-ときより

?-? 平安時代後期の武人,僧。
斎藤以頼(もちより)の子。一説斎藤茂頼の子。平重盛の臣だったが,養和元年(1181)山城法輪寺で出家。理由は建礼門院雑仕女(ぞうしめ)横笛との悲恋とも,求道心のためともいう。のち高野山にのぼり,平家敗走後おとずれた平維盛(これもり)を出家させたという。通称は滝口時頼入道。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎藤時頼
さいとうときより

滝口入道」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

斎藤時頼の関連キーワード高野山(寺院)斎藤氏武人

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android