斎藤玄(読み)さいとう げん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤玄 さいとう-げん

1914-1980 昭和時代の俳人。
大正3年8月22日生まれ。西東(さいとう)三鬼,石田波郷に師事。昭和15年郷里の北海道函館市で「壺」を創刊,2度の休刊をへて終生主宰する。55年自らの生死の不思議をみつめた「雁道(かりみち)」で蛇笏(だこつ)賞をうけ,同年5月8日死去。65歳。早大卒。本名は俊彦。初号は三樹雄。句集に「舎木」「玄」など。
【格言など】明日死ぬ妻が明日の炎天嘆くなり(「斎藤玄集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android