コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤真一 さいとう しんいち

美術人名辞典の解説

斎藤真一

洋画家。岡山県生。東美校師範科卒。第四回日展に初入選、第四三回光風会展でプールブー賞を受賞。東北旅行以後、瞽女を描き始め、第十四回安井賞展で「みさを瞽女の悲しみ」が佳作賞となる。また遊郭を主題にした「吉原細見」シリーズや、昭和ロマンと呼ばれる女性像の連作を発表。文筆もよくし『瞽女=盲目の旅芸人』で日本エッセイストクラブ賞を受賞した。平成6年(1994)歿、72才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤真一 さいとう-しんいち

1922-1994 昭和後期-平成時代の洋画家。
大正11年7月6日生まれ。昭和28年静岡県立伊東高の教師となる。34年渡仏し,藤田嗣治(つぐはる)らと交遊。37年越後瞽女(ごぜ)を主題にえがきはじめ,46年安井賞展で佳作賞。48年「瞽女―盲目の旅芸人」で日本エッセイスト・クラブ賞。平成6年9月18日死去。72歳。岡山県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。画文集に「明治吉原細見記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤真一の関連キーワード出羽桜美術館吉原炎上木村東介

斎藤真一の関連情報