コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅芸人 たびげいにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旅芸人
たびげいにん

旅かせぎをする芸人。2種類あり,一つは,日常は農業を営んでいるが,一定の時期になると旅に出て各地で芸能を演じる芸人で,もう一つは季節に関係なく旅を続け,芸を演じて生計を得る芸人のことをいう。前者は特に正月前後や各地の祭礼にあたって多く出回った。正月の旅芸人は,新年の福運を家々にもたらす神人と考えられ,年を祝い,家をほめる祝言を述べるのが特徴。大黒舞,万歳,戎 (えびす) 回し,鳥追い,春駒などが知られる。後者では人形回し,猿回し瞽女 (ごぜ) ,角兵衛獅子などが知られる。これらは少人数で門付芸を中心に旅をしたが,大人数が集団となって旅する場合は,地芝居,人形芝居などで一座の興行方式をとった。現在では旅芸人という語感に合う個人や集団はほとんど消えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たび‐げいにん【旅芸人】

地方を回って稼いで歩く芸人。旅稼ぎの芸人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たびげいにん【旅芸人】

地方を旅しながら芸を演じて生活をする芸能者。門付(かどづけ)や大道芸の芸能者に多く,祝福芸を中心に小正月のころなど季節的に現れるものと,季節やハレの日ケの日にかかわらず現れるものとがある。いずれもその歴史は古く,時代により芸能の種類に変化がある。しかし現在その姿を見ることは少ない。なお,歌舞伎や新派風の大衆演劇などを巡業して歩く芸人は,旅役者と呼ばれる。外国の例については,〈大道芸〉などの項を参照されたい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

旅芸人の関連キーワードパット・ノリユキ モリタ津軽家 すわ子(初代)トラン・クアン・ハイT. アンゲロプロスナムサダン(男寺党)人形使いのポーレジョングルールかんべ むさしアンゲロプロストルバドゥール梅中軒 鴬童斎藤 真一松旭斎天一伊豆の踊子松本 勘玄ドビュロー梅中軒鶯童斎藤真一ホリデー出で立つ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旅芸人の関連情報