コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤知白 さいとう ちはく

美術人名辞典の解説

斎藤知白

俳人。本名伊三郎。採鉱治金学を修めて足尾・松岡などの鉱山に勤務するが後独立して大蔵・五万洞・信夫・茂世路の鉱山を経営。俳句は南画家秋声会の川村雨谷に学ぶが、子規門をたたき日本派に属す。大正中頃牛歩と四国八八個寺を巡礼。『俳諧行脚お遍路さん』を著す。句風は途中自由律に傾くが晩年には定型に復した。前著の他牛歩と共編の『新緑後期第一句集』がある。昭和8年(1933)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤知白 さいとう-ちはく

1871-1933 明治-昭和時代前期の俳人。
明治4年7月24日生まれ。正岡子規にまなび,無季自由律俳句にかたむく。大正14年伊東牛歩と四国八十八ヵ所をめぐり「俳諧(はいかい)行脚お遍路さん」をあらわす。牛歩との共編に「新緑後期第一句集」。足尾鉱山などに勤務し,のち鉱山を経営。昭和8年4月13日死去。63歳。福島県出身。本名は伊三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤知白の関連キーワード知白

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android