コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤野の人 さいとう ののひと

3件 の用語解説(斎藤野の人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤野の人 さいとう-ののひと

1878-1909 明治時代の評論家。
明治11年4月14日生まれ。高山樗牛(ちょぎゅう)の弟。東京帝大在学中に「帝国文学」,卒業後「時代思潮」の編集にたずさわり,天才賛美,個人尊重をとく評論を発表した。明治42年8月6日死去。32歳。山形県出身。本名は信策(しんさく)。著作に「芸術と人生」,遺稿集に「哲人何処(いずこ)にありや」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤野の人

没年:明治42.8.6(1909)
生年:明治11.4.14(1878)
明治時代の評論家。本名信策。高山樗牛の実弟。山形県鶴岡の生まれ。東京帝大独文科卒業。早くから『帝国文学』に筆を執り,『時代思潮』でも活躍。『国家と詩人』(1903)では天才を礼賛,その情熱は兄樗牛にも負けないほどだった。明治憲法を批判した『照々乎たる哉』(1905)が当局の忌諱に触れ,明治大学の職を追われた。評論集『芸術と人生』(1907)を出すが,自然主義に批判的な論調を示した。肺結核で夭折,没後遺稿集『哲人何処に在りや』(1913)が出た。兄に隠れて目立たないが,その仕事は改めて注目されてよい。

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤野の人
さいとうののひと
(1878―1909)

評論家。本名信策。山形県に生まれる。高山樗牛(ちょぎゅう)の実弟。旧制二高を経て東京帝国大学独文科卒業。大学在学中『帝国文学』、卒業後は姉崎嘲風(ちょうふう)のもとで『時代思潮』の編集に従事。主としてこの2誌に、明治30年代後半の宗教的浪漫(ろうまん)主義思潮に乗じて旺盛(おうせい)な評論活動をし、天才賛美、個人尊重を説いたが、兄樗牛と同じ32歳の若さで病死した。『芸術と人生』(1907)、『哲人何処にありや』(1913)の著書のほか、編著『樗牛全集』もある。[小野寺凡]
『『明治文学全集40 斎藤野の人他集』(1970・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤野の人の関連キーワード登張竹風魚住折蘆綱島梁川帝国文学評論家赤門派石子順江藤文夫高山毅吉村貞司

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone