コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国文学 ていこくぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝国文学
ていこくぶんがく

文芸機関雑誌。東京大学文科の関係者による文学団体「帝国文学会」が編集にあたった。 1895年1月~1917年2月,17年 10月~20年1月,計 296冊発行。高山樗牛桑木厳翼らを中心に,土井晩翠戸川秋骨厨川白村小山内薫阿部次郎和辻哲郎豊島与志雄久米正雄芥川龍之介らが漸次参加していった。明治 30年代から 40年代にかけてロマン主義もしくは反自然主義の拠点となったが,総体的にはアカデミックな研究論文誌的色彩が強かった。井上哲次郎『日本文学の過去及未来』,矢野文雄『今の文学社会に対する希望の一ヶ条』,上田敏『細心精緻の学風』,登張竹風『フリイドリヒ・ニイチエを論ず』,片山孤村『神経質の文学』などの論文が多く,文学作品では夏目漱石『倫敦 (ロンドン) 塔』,芥川龍之介『羅生門』,山本有三『津村教授』など数編以外にはみるべきものがない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

帝国文学【ていこくぶんがく】

学術・文芸雑誌。高山樗牛桑木厳翼らを中心に井上哲次郎上田万年上田敏らを発起人として東大文科の関係者が結成した帝国文学会の機関誌。1895年―1920年刊。
→関連項目大町桂月久保天随笹川臨風下村湖人登張竹風

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていこくぶんがく【帝国文学】

学術・文芸雑誌。1895年(明治28)1月創刊,1920年(大正9)1月終刊。全296冊。うち,1917年3~9月休刊。1894年12月,東京帝国大学文科大学の教官,卒業生,在校生によって結成された帝国文学会を母胎として発行され,編集は会員の互選による委員があたった。最高学府としての権威を自覚した使命感に裏づけられ,保守と啓蒙の二面的性格をその特色とする。第1期(創刊~1905)は国民文学創造の提唱,上田敏の活躍,新体詩論議,国語国字論などに特色があり,第2期(1906~休刊)は非自然主義的立場の強調,理想主義,象徴主義の論議,大正デモクラシーの風潮の反映などがみられ,第3期(復刊~終刊)は伝統主義論争などが特色である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていこくぶんがく【帝国文学】

学術文芸雑誌。1895(明治28)~1920年(大正9)、井上哲次郎・上田万年・高山樗牛・上田敏らが帝国文学会の機関誌として発刊。大町桂月の詩歌、海外文芸思潮の紹介、論説にみるべきものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帝国文学
ていこくぶんがく

学術・文芸雑誌。1895年(明治28)1月~1917年(大正6)2月、1917年10月~20年1月。全296冊。東京帝国大学文科大学の教官、卒業生、在校生によって1894年(明治27)に結成された帝国文学会を母体として発行された。初期は、高山樗牛(ちょぎゅう)の浪漫(ろうまん)性豊かな論説や、上田敏(びん)による海外の思潮・文芸の導入、多くの論者による新体詩論、国語国字問題の評論に特色がある。中期(1906~休刊)には世紀末思潮の紹介、象徴主義の提唱などに、片山正雄、樋口龍峡(ひぐちりゅうきょう)、和辻哲郎(わつじてつろう )らが活躍した。末期(復刊~終刊)は、森鴎外(おうがい)の『観潮楼(かんちょうろう)閑話』などのエッセイに特色があり、柳宗悦(やなぎむねよし)、福士幸次郎らが論じた。百科全書的な人文科学研究の場であるとともに、塩井雨江らの美文、夏目漱石(そうせき)『倫敦塔(ロンドンとう)』その他の小説、小山内薫(おさないかおる)らの戯曲を載せた文芸雑誌でもある。[助川徳是]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

帝国文学の関連キーワードピーおんこう藤沢 古雪斎藤野の人伊東 六郎桜井 天壇田波 御白畔柳都太郎わが袖の記吉田 白甲早稲田文学石坂 養平多田 不二樋口龍峡ニーチェ佐々醒雪塩井雨江武島羽衣連俳小史筑波会赤門派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android